オラパリブ 添付文書 pdf

添付文書 オラパリブ

Add: alehunej28 - Date: 2020-11-29 04:24:18 - Views: 7376 - Clicks: 1213

オラパリブはCYP3Aに対し阻害作用を示し 10) 、CYP2B6に対し誘導作用を示した 11) 。 (4) UGT1A1の基質との相互作用(in vitro試験成績) オラパリブはUDPグルクロン酸転移酵素(UGT)1A1に対し阻害作用を示した 12) pdf 。 (5) オラパリブ 添付文書 pdf 内分泌療法剤の相互作用(外国人における成績. オラパリブ olaparib. 1 本剤による治療は、少なくとも1つの標準的な治療が無効 又は治療後に再発した患者を対象とすること。.

癌女性患者を対象にセジラニブとオラパリブの併用. リムパーザ錠100mg(一般名:オラパリブ錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経メディカルが. 年9月25日、「卵巣がん」を対象疾患とする新規PARPパープ阻害薬のゼジューラ(ニラパリブ)が承認されました! 武田薬品工業|ニュースリリース 基本情報 製品名 ゼジューラカプセル100mg. 肝臓・腎臓半々のハイブリッドのため、肝・腎機能障害いずれも注意が必要です。 海外の添付文書によると、 クレアチニンクリアランスで50未満では1回200mgへ減量 の記載があります。. 90)。 主解析のフォローアップ期間と比較して、その後の長期のフォローアップ期間に、新たな安全性シグ ナル(safety signal)は観察されなかった。オラパリブ群とオラパリブへクロスオーバーした患者で.

5 起原又は発見の経緯及び開発の経緯 リムパーザ®錠 本資料に記載された情報に係る権利はアストラゼネカ株式会社に帰属します。弊社の事前の承. 添付文書改訂のお知らせ このたび、標記製品の添付文書を改訂しましたのでお知らせいたします。 なお、前立腺癌におけるオラパリブの適応判定の補助を目的としたコンパニオン診断機能は、年 1月に使用可能となる予定です。 1 改訂内容. リムパーザ錠 添付文書より引用. 20オラパリブ〔当該薬剤の添 付文書において記載された 効能又は効果及び用法又は 用量(平成30年1月19 日に,医薬品医療機器等法 第14条第1項の規定に より承認されたものに限 る)に係るものに限る〕 3697, 3698, 3708, オラパリブ 添付文書 pdf 3709及び 3714 オラパリブ〔当該薬剤の. オラパリブは、他のがん種の治療についても試験が行われています。 Olaparibオラパリブに関する詳細情報 NCI治療薬辞典による定義(原文) -詳細な科学的定義や、この治療薬に対する別名. 添付文書には以下のように記載されており、定期的な血液検査を実施する必要があります。 重要な基本的注意: 貧血、好中球減少、白血球減少、血小板減少、リンパ球減少等の骨髄抑制があらわれることがあるので、 本剤投与開始前及び投与中は定期的に. 効能又は効果に関連する注意 5. 添付文書 改訂.

通常、成人にはオラパリブとして300 mgを1日2回、経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。 製造販売承認日. 発表日:年4月18日 アストラゼネカ、本邦初のparp阻害剤として再発卵巣がん治療薬 リムパーザ(r)(オラパリブ)の販売を開始 アストラゼネカ. 第1部 申請書等行政情報及び添付文書に関する情報 一般名:オラパリブ 版番号: 1. ※添付文書のPDFファイルは随時更新しておりますが、常に最新であるとは限りません。予めご了承ください。 効果・効能 悪性軟部腫瘍。 根治切除不能又は転移性の腎細胞癌。 (効能又は効果に関連する使用上の注意) 悪性.

本サイトは中外製薬が運営する医療関係者サイトです。がん遺伝子パネル検査「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル」の添付文書情報を掲載しています。. 2 主要国の添付文書の概要 オラパリブ錠剤の米国における添付文書の概要を表2に示す。なお、原文はオラパリブ錠剤の企業中核データシート(cds)ととも に添付資料とした。 表2 米国の添付文書の概要 米国. 日米の医薬品添付文書はこちらから検索することができます。 添付文書情報 年4月 改訂 (第4版) 禁忌 効能・効果及び用法・用量 使用上の注意 薬効薬理 理化学的知見 取扱い上の注意 包装 主要文献.

における白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法終了後から再発までの期間(PFI)等について,添付文書. アストラゼネカのオラパリブ、brca遺伝子変異陽性の転移乳がん患者さんの病勢進行または死亡のリスクを有意に低減 公開日 年 6月 06日 オラパリブ 添付文書 pdf 本資料はアストラゼネカ英国本社が年6月4日に発信したプレスリリースを日本語に翻訳し、みなさまのご参考に提供. オラパリブとセジラニブとの併用療法の第2相試験では、brca変異がなく、 プラチナ製剤 の効果が認められた後に再発した卵巣がん患者集団で、 無増悪生存期間 がオラパリブ単独療法より有意に延長した。. 医師・薬剤師による薬剤情報交換サイト「DI Station」。 薬剤名から最新の医薬品添付文や薬価の参照が可能!薬に関する評価や口コミの投稿、閲覧もできます。. オラパリブ: 貧血、好中球減少、白血球減少、血小板減少、リンパ球減少等の骨髄抑制があらわれることがあるので、本剤投与開始前及び投与中は定期的に血液検査を行い、患者の状態を十分に観察すること。. オラパリブ (Olaparib, AZD-2281, Kuは、進行した卵巣癌への分子標的治療薬として、アストラゼネカの リムパーザ(Lynparza) が年12月に米国食品医薬品局(FDA)と欧州医薬品庁(EMA)から承認を得ている オラパリブ 添付文書 pdf 。. 検出し、オラパリブの乳癌患者への適応を判 定するための補助に用いられる。 保険償還価格 準用技術料 留意事項案 1.本検査は、転移性または再発乳癌患者の全血を検体とし、pcr法等により、抗悪. 通常、成人にはオラパリブとして300mgを1日2回、経口投与する。なお、患者 の状態により適宜減量する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 100mg錠と150mg錠の生物学的同等性は示されていないため、 300mgを投与する際には100mg錠を使用しないこと。 1.

単剤又はオラパリブ単剤又は標準的な化学療法と. し、Readerでスキャンすることで、連続測定した間質液中グルコース濃度変動パ ターンを表示する。 本品から得られた間質液中グルコース濃度に関する情報は、自己血糖値測定間 の血糖値トレンドを推定し、自己血糖値測定による糖尿病の血糖値管理を補助 1. 一般名:オラパリブ 4 1. オラパリブは、ヒト卵巣癌由来細胞株(59m、ovcar-3、igrov-1等)及びヒト乳癌由来細胞株(mda-mb-436、hcc1395、sum1315mo2等)の増殖を抑制し 21) 、ヒト乳癌患者由来hbcx-10腫瘍組織片を皮下移植したマウスにおいて、腫瘍の増殖を抑制した 22) 。.

オラパリブとして300mgを1日2回、経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。 (用法・用量に関連する使用上の注意) 100mg錠と150mg錠の生物学的同等性は示されていないため、300mgを投与する際には100mg錠を使用しない。. 販売名 リムパーザ錠100mg リムパーザ錠150mg 成分・含量 (1錠中) オラパリブ100mg オラパリブ150mg 添加物 コポリビドン、軽質無水ケイ酸、 D-マンニトール、フマル酸ステア リルナトリウム、ヒプロメロース、マ クロゴール400、酸化チタン、黄 色三二酸化鉄 コポリビドン、軽質無水ケイ酸、 D-マンニトール、フマル酸ステア リルナトリウム、ヒプロメロース、マ クロゴール400、酸化チタン、黄 色三二酸化鉄、黒酸化鉄. オラパリブとして300mgを1日2回、経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。 (用法・用量に関連する使用上の注意) 100mg錠と150mg錠の生物学的同等性は示されていないため、300mgを投与する際には100mg錠を使用しない。. オラパリブを製造している製薬メーカーであるアストラゼネカが1月19日の承認時に公表した資料もあります。 「 アストラゼネカのリムパーザ®(オラパリブ)再発卵巣がん治療薬として国内製造販売承認を取得 」. このサイトでは、医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医師、歯科医師及び薬剤師などの 医療関係者の方を対象に、主としてmsd株式会社の医療用医薬品に関する情報を提供しています。. 添付文書情報メニュー - Pmda.

オラパリブ 添付文書 pdf

email: okamuzow@gmail.com - phone:(449) 245-8688 x 2678

Từ vựng shinkanzen n3 pdf - Line グループ

-> Word2007 pdf アドイン
-> Pdf から 翻訳

オラパリブ 添付文書 pdf - Template


Sitemap 1

Tokyo convention visitors bureau handy guide pdf -